■ファイティング原田がプロボクサー2人目となる旭日小綬章を受章しました。
お祝いのお花を沢山頂戴しました。ありがとうございます。
photo
photo
photo

■2013年6月1日(土)「春のふれあいフェスタ中川」で超若手の練習生の模範演技をしました。
同ステージにて、「原田会長への質問」があり、来場者は会長の話に興味深く耳を傾けました。
photo
photo
photo
photo

■PHP文芸文庫より11月19日発売
『「黄金のバンタム」を破った男』

百田尚樹著
700円(税込)
ジムにて販売中!
photo
■世界チャンピオン獲得50周年祝賀会が開催されました。
2012年4月5日東京ドームホテルに於て
photo

■「ダイヤモンドグローブ黄金伝説」(〜1977年)
※すべてフジテレビCS放送 フジテレビONE/スカパーにて放送されます。

第1回放送 2011年12月7日(水)
18時30分〜放送予定

1962/10/17
世界フライ級タイトルマッチ
ポーン・キングピッチ vs ファイティング原田
1963/01/16
世界フライ級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs ポーン・キングピッチ
1963/09/18
世界フライ級タイトルマッチ
ポーン・キングピッチ vs 海老原博幸

第2回放送 2011年12月14日(水)
18時30分〜放送予定

1965/05/18
世界バンタム級タイトルマッチ
エデル・ジョフレ vs ファイティング原田
1965/11/30
世界バンタム級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs アラン・ラドキン
1966/05/31
世界バンタム級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs エデル・ジョフレ
1966/08/09
世界フェザー級タイトルマッチ
ビセンテ・サルディバル vs 関光徳

第3回放送 2011年12月21日(水)
18時30分〜放送予定

1967/01/03
世界バンタム級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs ジョー・メデル
1967/01/30
世界フェザー級タイトルマッチ
ビセンテ・サルディバル vs 関光徳
1967/07/04
世界バンタム級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs ベルナルド・カラバリョ
1968/01/24
世界フェザー級王座決定戦
ハーワード・ウィンストン vs 関光徳
1968/02/27
世界バンタム級タイトルマッチ
ファイティング原田 vs ライオネル・ローズ

第4回放送 2011年12月25日(日)
18時30分〜放送予定

1969/07/28
世界フェザー級タイトルマッチ
ジョニー・ファメション vs ファイティング原田
1969/09/09
<世界J・ミドル級タイトルマッチ>
フレディ・リトル vs 南久雄
1970/01/06
世界フェザー級タイトルマッチ
ジョニー・ファメション vs ファイティング原田

■2007年7月 【心拓塾】の授業の講師として参加致しました。
日時は2007年7月8日(日) 13:30〜14:50です。
photo photo
photo photo
photo photo
photo photo
photo  

■2006年11月 新聞に掲載されました。
2006年11月 新聞に掲載されました。
■7月14日(金) 日本経済新聞に掲載されました。
7月14日(金) 日本経済新聞に掲載されました。
■新聞で紹介されました。

■スポーツ大陸「日本が沸いたあの時 〜スポーツ戦後60年〜」
がNHK BS-1で放送されます。

スポーツ大陸
「日本が沸いたあの時 〜スポーツ戦後60年〜」
NHK BS-1 50分 シリーズ10本 2005年4月より放送

再放送決定!!
9/4(日)14:10〜14:59まで


今から60年前、終戦直後の焼け野原の中に、野球、相撲、様々なスポーツの歓声が戻ってきた。スポーツは人々に平和の訪れを実感させ、再び生きる楽しさを与える力を持っていた。その後の高度経済成長、東京オリンピックを経て、スポーツはますます国民の生活に溶け込み名勝負、名選手の活躍は、メディアの発展とともに国民が共有する記憶として心に刻み込まれた。 スポーツの世界は、また時代を映す鏡でもあった。
敗戦で打ちひしがれていた人々に希望を与えた「フジヤマのトビウオ」。高度成長期の "根性"を象徴した「ファイティング原田」、日本の躍進を証明した札幌五輪の「日の丸飛行隊」数々の名勝負を生んだ「汗と涙の甲子園」。戦後60年のスポーツ史は、まさに時代の空気を等身大で伝える戦後史となっている。番組は、日本中を沸きかえらせたスポーツの名勝負、名選手の貴重な映像や証言を織り込んだ構成とし、スポーツの世界から戦後 60年の日本を描く。

(1)「水泳日本」 昭和20年代、次々と世界記録を塗り替えた古橋廣之進を中心に日本水泳陣活躍。
(2)「東洋の魔女」 昭和39年、大松監督の猛練習に耐えた日本女子バレーチームは東京五輪で遂に宿敵ソ連を破った。
(3)「俵の両雄・大鵬と柏戸」 昭和35年の初取組み以来、大鵬21勝、柏戸16勝。
努力の大鵬と天才柏戸の激突。
(4)「プロ野球、不滅の巨人 V9」 昭和40年から、長島、王を擁した巨人は川上監督の下、
不滅の9連覇を達成。その強さの秘密はどこにあったのか?
(5)「延長18回引き分け」 昭和44年、夏の甲子園決勝。松山商 × 三沢は、戦後スポーツの奇跡と称される名勝負。高校野球は常に日本を沸かせた。
(6)「執念の二階級制覇」
放送予定日
8月27日 23:00〜23:39
昭和40年、51戦無敗の世界王者ジョフレに、挑戦者ファイティング・原田が執念の勝利。
(7)「体操ニッポン」 男子団体はローマ大会から五輪5連覇。圧巻はメキシコ五輪・加藤沢男の個人総合逆転金メダル。ミュンヘン、モントリオールまでの凄さ。
(8)「日本の42.196Km」 昭和39年、東京五輪の円谷から遺志を継いだメキシコ・君原の銀メダル、バルセロナ森下、女子の有森、高橋、アテネの野口まで。
(9)「世界最強 日の丸飛行隊」 昭和47年の札幌五輪。70m級のジャンプは、日本勢が金銀胴を独占する歴史的な快挙。
(10)「日本サッカー最良の日」 昭和43年のメキシコ五輪。釜本、杉山の活躍で日本サッカーは胴メダルに輝いた。

■横浜市立中川西小学校から
中川のお宝人として選ばれました。

写真をクリックすると拡大してご覧になれます。
(戻る際にはブラウザの「戻る」ボタンをご利用ください)

■WORLD BOXING 5月号に
飯田覚士氏との対談が掲載されました。

写真をクリックすると拡大してご覧になれます。
(戻る際にはブラウザの「戻る」ボタンをご利用ください)